■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<前月 2017年02月 次月>>

ニュースリリース

我らがクオリスト

HOME < クオリストBLOG


→ 一覧ページ
 

工数見積り作業の重要性

工数見積りの作業は正直面倒ですが、その作業自体がとても重要だと感じたことがあります。

以前、予定していなかったプロジェクトのテストチームリーダーに急遽アサインされたことがありました。別のプロジェクトの納期遅延とその後のトラブル対応により当初のリーダーが参画できず、自分がリーダーとして代理で投入される事態に巻き込まれてしまったのです。

そのプロジェクトは管理職の方と当初リーダーの起案で要件レベルでのテスト工数の見積りが既にされていて、以降のテスト設計とスケジュール管理を自分が引き継ぐことになりました。

ただ、途中から参加したことにより要件レベルの見積りを見ても、作業ボリューム/工数の根拠が掴めず、作業の優先順位やメリハリ(何処に注力すべきか)を把握できなかったため、改めて概要と要件を理解してから要件レベルの見積りを自分で再度し直すことで、ようやく戦略を考えることができるようになりました。

見積りはアウトプットの数値そのものだけでなく、その数値を導くための調査や検討する際に感じたり掴み取るツボがあり、工程そのものにも重要な意味があると感じました。


クオリストBLOG | 04:15 PM | comments (x) | trackback (x)
 

検索