■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018年04月 次月>>

ニュースリリース

我らがクオリスト

HOME < クオリストBLOG


近況と朝会

ちょっと前まで夏だと思っていたのに急に冬になりましたね。秋はどこへ行ったのやら。

私は現在、要件定義の業務を行っています。要件定義も開発開始が近づいてきますと、ソフトウェアの開発者はもとより、販売サイドの方々やハードウェア設計の方々、当然のことながらソフトウェアテストを実行する方々との読み合わせや質問を多く受けるようになります。

以前も経験しましたが、つくづく思うのは文章で人に伝えることの難しさです。要件定義書や機能仕様書に対して、人によって求める記述レベルが異なるため、何をどこまで記述するのか?は永遠の課題だと思っています。

この記事には続きがあります▽

クオリストBLOG | 09:13 AM | comments (x) | trackback (x)

20の質問

とあるBlogで「テストエンジニアの面接の際にするとよい質問」というのを見つけ、興味が湧き読んでみました。

全部で20の質問があり、それぞれの質問の背景が記載されています。
実際自分達は「質問される側」になることが多いのですが、ここに記載されているような内容を受けたことはあまりありませんでした。

しかし背景を理解すると採用する側が欲しい内容なんだと思えるものが多く、実際答えられないようなものもあったことから、今後のためにも答えられるような知識や意識付けを深めていきたいとも感じました。

採用する側も採用される側も知っておいて損はないかと思いますので、興味のある方は一読してみては如何でしょうか。

http://www.ryuzee.com/contents/blog/7094



クオリストBLOG | 05:37 PM | comments (x) | trackback (x)

夏の日の思い出

賑やかな蝉の合唱も段々と静かに成り、変わりに鈴虫の音色が耳に心地いい今日この頃。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

こんにちわ。初めまして。久しぶりの方は、お久しぶりです。
今年の夏も例年通り暑かったですね。最近でこそ涼しくなりましたが、しばらく残暑の厳しさが続いていたので大変でした。かくいう小生も、あまり体力がない方なのでもうヘトヘト。年を取ると体力の衰えを実感します。しかし、この仕事は体が資本。これではいかんと言うことで、先日久しぶりに外食してきました。

訪れたのは某チェーン店。
店内に入ると蒸し暑い外の世界とは一変、ひんやりした冷房の空気に鼻腔をくすぐる芳しい香りが。お腹の虫を抑えつつ、券売機の前に立ち「店内」ボタンを押すと、軽やかな効果音と共においしそうなメニューが表示され、食欲を刺激する。
おっといけない。お金を入れ忘れていた。財布から夏目漱石さんを一枚取り出し、券売機に投入。少し迷った結果、ちょっとお得なセットメニューをチョイス。すると、「ご一緒にサイドメニューはいかがですか?」のアナウンスと共に画面遷移が。おお。こんな

機能いつの間にかついたのか。どれもう一品。餃子でも食べるか。
しかしお金が足りない。仕方ない。140円分のコインを追加で投入し、餃子のボタンをポチッとな。すると・・・なんと言うことでしょう! 餃子の券しか出てこないではありませんか!おいぃぃぃぃぃっ!! 小生のセットメニューはどこ行ったー!?俺の漱石があああああああ!!(泣)まぁ、その後店員さんに事情を話し、無事注文はできたわけですが。

この記事には続きがあります▽

クオリストBLOG | 09:14 AM | comments (x) | trackback (x)

もっと簡単にテストを自動化したい

皆さんはWebアプリのテストを自動化してますか?

自動化に関して
「作成工数に見合う効果が出ない」
「部分的な機能にしか自動化していない」
「もっと簡単にテストを自動化したい」
等、様々な意見があるかと思います。

今回はそんな悩みを解決してくれるかもしれない「SI-Toolkit for Web Testing(以下、SIT-WT)」を紹介します。

この記事には続きがあります▽

クオリストBLOG | 05:53 PM | comments (x) | trackback (x)

機能の関連性

開発規模の大きい製品になると機能も多く、また、それぞれの機能が関連して動作することも出てきます。

試験仕様書を作成する場合、基本的には各機能毎に作成を進めていくことになると思いますが、上記のように他の機能と関連する動作もあるため、1つの試験仕様書を作成するためには他の機能仕様書も確認し、関連内容を試験仕様書に盛り込まなければなりません。

規模が大きく機能が複雑になると、このような関連内容を確実に網羅することが難しくなります。

試験実行にて確認漏れがないように進めるためも、機能樹形図や機能関連図を作成し、試験仕様書を作成する前に各機能の関係性を確認した上で、漏れなく試験仕様書が作成できるように準備をすることが大切です。


クオリストBLOG | 03:17 PM | comments (x) | trackback (x)

検索